トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

倉田屋は、和菓子の提供と環境教育を通じて、子供達の成長を見守っていくお店です。

倉田屋では、和菓子・壺焼き芋の提供と里山を竹林から守るボランティア活動を主とした環境教育活動を行っています。 大正10年に芋屋として出発した『倉田屋』では、創業以来のおもてなしの心を忘れずに自然の味を楽しんでいただくため、芋ようかんと塩大福を中心とした菓子販売行っております。 また、時間をかけてゆっくり焼き上げてお芋本来の味を楽しめる壺焼き芋を生のお芋が美味しい時期である秋から春にかけて販売することにより、昔懐かしい昭和の味を皆様にお伝えしたいと考えいます。是非一度御賞味下さい。 我々の食の原点である農環境は、古くから守られてき里山の自然の多様性に大きく左右されます。しかしながら、近年放置竹林により里山が広く単一竹林化していく減少が顕著になっています。このため、私達の食環境に通ずる大切な里山の自然を放置竹林から守るボランティア活動として『放置竹林の整備』と『副次的にでる竹材の有効活用』を行うことにより、子供達とともに環境教育を学ぶとともに食について考えていきたいと思います。!