倉田屋 2018年 1月の営業日

明けましておめでとうございます。昨年は、皆様方からご声援をいただき誠にありがとうございました。本年も宜しくお願い致します。

12月は、お芋の時期となり、沢山の方にご来店いただきました。感謝申し上げます。壺焼き芋、芋羊羹に加えまして、土曜日のバターたっぷり焼き芋ようかん・焼き芋バター焼きも好評でした。また、年末には、芋羊羹の金団風とシルクスイートの栗きんとんを販売しましたところ大好評を得ました。皆様からお褒めのお言葉を沢山頂きました。今後も、お芋の美味しさを勉強していきたいと存じます。皆様からの叱咤激励をお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。

1月29日(月)~2月5日(月)は、当店の最大のイベントである『第2回品川焼き芋テラス』=品川シーズンテラス(品川駅東口徒歩5分)

【品川やきいもテラス2018】2018.1.30-2.5 品川シーズンテラス イベント広場

に出店します。当日は、お店での販売はお休みとなり、皆様方にご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

1月の販売日をお知らせ致しますので、皆様のお越しをお待ちしております。

2018-01月営業日

倉田屋 2017年 12月の営業日

1日の最高気温が、15℃を下回ると『お芋日和見(びより)』と呼ぶと、TVの天気予報で言っていました。12月を迎え、最高気温が15℃を下回る日も出てきました。

だいぶ寒くなって参りましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

8月末よりシルクスイートも新芋が出始め、12月になって、甘さものってきておりようやくしっとり感もまして美味しいお芋となっています。

焼き芋は、味ののってきたシルクスイートを中心に、里むすめ(鳴門金時)・紫芋・紅はるか・紅高系を焼いていきたいと考えております。また、芋ようかんは、紅あずま・紫芋・シルクスイートの3種類のお芋で作っております。これら三種類のお芋で作る倉田屋Originalの『芋羊羹三兄弟』はお客様方から、好評を得ており、芋羊羹の8割方の方がこの3兄弟をお求め頂いております。

年末には、昨年好評だったシルクスイートで作った『栗きんとん』と芋羊羹栗きんとん風を販売します。

栗きんとん 芋羊羹栗きんとん風

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉田屋は今月も、日・月・火曜日が定休です。今月も、皆様のご声援を宜しくお願いします。

2017-12月営業日

 

2017年11月25日(土)・26日(日) 壺焼芋 寅さんサミット参戦!

2017年11月25日(土)・26日(日)、柴又帝釈天で開催される『寅さんサミット』

http://torasan-summit.jp/

に壺焼芋が参戦します。

食べログ 東京ベストスイーツBest10に4年連続選ばれている『柴又い志い』

http://shibamata-ishii.net/

の店頭で、壺焼芋を販売致します。『柴又い志い』さんは、TVでも良く紹介される有名店で、11/18(土)のアド街ック天国ではBest12でした。新店主の石井久喜さんは、京都の老舗和菓子店で修行され、京風和菓子と米米ロールなどが超人気の柴又で最も古い江戸時代から続く店構えでも有名です。壺焼芋とともに柴又の新名物もご堪能下さい。

壺焼芋のラインナップ=一番人気の焼き芋の新女王『シルクスイート』、王様『鳴門金時=里むすめ』、しっとり甘い『紅はるか』、ポリフェノールたっぷりの『紫芋=パープルスイートロード』です。

壺焼芋の薩摩芋パーティーを是非ご堪能下さい。心込めて本日も焼いておりますので、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

寅さんサミットmain_image柴又い志い写真11214342_876535805767004_8840755600600311441_n

倉田屋 2017年 11月の営業日

1日の最高気温が、15℃を下回ると『お芋日和見(びより)』と呼ぶと、TVの天気予報で言っていました。11月を迎え、まだ最高気温は15℃を下回ってはいませんが、お芋も9月ころの新物とはだいぶ違い、だいぶ蜜ものって美味しくなって参りました。

だいぶ寒くなって参りましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

10月は、イベントが目白押しでしたが、雨にたたられ、台風でイベント自体が中止になった物もありました。その天候不順にもかかわらず、お芋をお求めいただきまして誠にありがとうございました。8月末より、シルクスイートも新芋が出始めました。甘さものってきており、ようやくしっとり感もまして美味しいお芋となっています。この時期ならではの新鮮な食感を味わうことができます。

焼き芋は、味ののってきたシルクスイートを中心に、里むすめ(鳴門金時)・紫芋・紅はるか等を焼いていきたいと考えております。また、芋ようかんは、紅あずま・紫芋・シルクスイートの3種類のお芋で作っております。これら三種類のお芋で作る倉田屋Originalの『芋羊羹三兄弟』はお客様方から、好評を得ており、芋羊羹の8割方の方がこの3兄弟をお求め頂いております。

11月は、3・4が出張のため、お休みを頂きますが、土・日のイベントをお休みして、いろいろなお芋の味をお比べ頂くため、上記のお芋によるお芋スイーツの焼き芋・芋ようかんを腰を据えて販売して参りますので、是非ご賞味下さい。

なお、日光天然かき氷の有名店(池袋立教大学そば)のハチク様より、シルクスイートのご用命を頂きました。11月1日に納品します。壺でじっくり1時間半かけて焼いたシルクスイートは、ハチク様の人気メニューの『壺焼芋ミルク』というかき氷に変身します。11月2日以降の商品化と思われますが、下記のURLでご確認下さい。絶品のかき氷です。是非、皆様もお召し上がり下さい。

ハチク様= https://twitter.com/tommarche

倉田屋は今月も、日・月・火曜日が定休です。今月も、皆様のご声援を宜しくお願いします。

2017-11月営業日

倉田屋 2017年 10月の営業日

清々しい季節となり、作物の収穫の時期を迎えておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

9月は、新芋をお求めいただきまして誠にありがとうございました。8月末より、シルクスイートも新芋が出始めました。甘さは熟成芋とまではいきませんが、ようやくしっとり感も増し新鮮で美味しいお芋となっています。この時期ならではの新鮮な食感を味わうことができます。味ののってきたシルクスイートを中心に焼きたいと考えております。

また、10月は土曜日か日曜日のイベントが目白押しです。お芋スイーツの焼き芋・芋ようかん・焼き芋バター焼き・芋ようかんバター焼きの他に、今年から倉田屋特性絶品の『鶏の唐揚げ』も参戦しますので、是非ご賞味下さい。10月の参加イベントです。

10/8(日)=王子三角公園にて『北区秋のフェスティバル』から衣替えのBusukersFesuta。             10/14(土)=岩淵水門バーベキュ-場にて、『北区花火大会』。                                                    10/15(日)=豊島カッパ公園にて『生協病院バザー』。                               10/27(日)=飛鳥山公園にて『北区民商祭り』。

倉田屋は、当面日・月・火曜日が定休です。皆様のご声援を宜しくお願いします。

2017-10月営業日

2017年9月3日(日) 王子マルシェに参加します

倉田屋お芋スイーツが『王子マルシェ』に参加します。

日時 : 2017年9月3日(日)

場所 : 王子駅前公園(通称=三角公園) 西新井・浅草・豊島五丁目団地 行き バス停前

北区王子1-7

 

地元発見型のイベントで、今回が第一回のイベントです。

皆様方のご支援で、皆様と作り上げるイベントにしていきたいと考えております。

どうぞ、宜しくお願いします。

王子マルシェ-2017-09-03

 

倉田屋 2017年 9月の営業日と倉田屋お芋スイーツ再開のお知らせ

不順な天候が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
天候がお芋の成長に与える影響が心配ですが、今年度は9月1日(金)より焼き芋・芋ようかんの倉田屋お芋スイーツの生産販売を始めます。6月末より、長い間販売を中止しており、皆様方には大変ご迷惑をお掛け致しましたが、9月からは、水曜日~土曜日営業を基本として販売を致します。

シルクスイートも新芋が出始めたところで、まだまだ、甘さは熟成芋とまではいきませんが、新鮮で美味しいお芋となっています。この時期ならではの新鮮な食感を味わうことができます。

この新しいお芋を9月3日(日)の『王子マルシェ』から壺焼き芋で焼きたいと考えております。

皆様のご声援を宜しくお願いします。

また、涼しい気候となる9月27日(木)より「新しいお芋スイーツ」の販売も始めます。こうご期待をお願いいやします。
2017年9月の、販売日の予定を記しますが、外部からの依頼により販売日が入ることもあり、ご迷惑をおかけしますが、美味しいお芋を御賞味下さいますよう宜しくお願い申しあげます。

営業日の変更があった場合は、店頭とHPにてお知らせ致します。

今後とも、相変わらぬご声援を宜しくお願いいたします。

倉田屋 店主

 

営業再開のお知らせ-2017-09月王子マルシェ-2017-09-03

2017-09月営業日

倉田屋 2017年 前期 芋ようかん・焼き芋販売の休止について

日頃より、当店の芋ようかん並びに壺焼芋をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

9月から10月にかけて、収穫され大事に保存されてきました生のお芋も終わりに近づいて参りました。当店では、生のお芋から手間暇かけて、芋羊羹・焼き芋を製造しております。

つきましては、6月10日(土)をもちまして、今季の販売を休止致します。八月上旬より再び販売を開始致しますので、宜しくお願い致します。

なお、6/10まで、芋羊羹二兄弟(紅あずま・紫芋)一日50セットをサービス価格にて販売しておりますので、ご利用いただければ幸いです。

倉田屋店主

今期芋羊羹・焼き芋販売休止のお知らせ-17-06-08

倉田屋 2017年 5月後半の営業日・芋羊羹三兄弟について

5月も半ばとなり、暑い日もでて参りましたが、皆様方にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。

1月~4月前半にかけては、イベントへの出店が多く、皆様に大変ご迷惑をお掛け致し、誠に申し訳ございませんでした。お店やイベント会場にお越しいただき、壺焼き芋をお買い上げいただきましたお客様には、誠にありがとうございました。シルクスイートも熟成度をさらに増し、壺焼き芋として焼き上がる時には蜜がどんどん迸るようになって参りました。これからもっともおいしい時期となりますので、ご来店をお待ちしております。

最終の6月後半まで、東京都北区豊島のお店にて販売を致しますので、宜しくお願い致します。

芋ようかんは、従来の紅アズマに加え、紫芋(パープルスイートロード)とシルクスイートの2種類を加え、芋羊羹三兄弟として販売しております。

芋羊羹三兄弟-説明文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、主たる焼き芋のお芋は、おなじみのしっとり系の「シルクスイート」とホクホク系の「鳴門金時=里むすめ」です。どちらのお芋も熟成されてきており、しっかり寝かせることによりデンプンから糖蜜に変わってきております。とても、美味しい状態のお芋をじっくり焼くことにより、一層糖蜜が生成して甘みが増して、とても甘い焼き芋ができあがります。是非とも最も美味しい時期の熟成芋をご賞味ください。

帝釈天門前の柴又『い志い』直伝の倉田屋「焼き芋羊羹」と昨年好評でした冷やし焼き芋『ひえ太くん』もdebutしますので、皆様のご来店をお待ちしております。

倉田屋店主

2017-05月営業日

倉田屋 2017年 4・5月の営業日について

4月も半ばとなり、だいぶ暖かくなって参りましたが、皆様方にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。

1月~4月前半にかけては、イベントへの出店が多く、皆様に大変ご迷惑をお掛け致し、誠に申し訳ございませんでした。お店やイベント会場にお越しいただき、壺焼き芋をお買い上げいただきましたお客様には、誠にありがとうございました。シルクスイートも熟成度をさらに増し、壺焼き芋として焼き上がる時には蜜がどんどん迸るようになって参りました。これからもっともおいしい時期となりますので、ご来店をお待ちしております。

4月後半から 5月のゴールデンウイーク前半は、東京都北区豊島のお店にて販売を致しますので、宜しくお願い致します。

主たる焼き芋のお芋は、おなじみのしっとり系の「シルクスイート」とホクホク系の「鳴門金時=里むすめ」です。どちらのお芋も熟成されてきており、しっかり寝かせることによりデンプンから糖蜜に変わってきております。とても、美味しい状態のお芋をじっくり焼くことにより、一層糖蜜が生成して甘みが増して、とても甘い焼き芋ができあがります。是非とも最も美味しい時期の熟成芋をご賞味ください。

また、今回より、帝釈天門前の柴又『い志い』直伝の倉田屋「焼き芋羊羹」と昨年好評でした冷やし焼き芋『ひえ太くん』もdebutしますので、皆様のご来店をお待ちしております。

倉田屋店主

2017-04・5月営業日

 

 

 

 

 

 

焼き芋羊羹ちらし-A4版-16-04-22

焼き芋羊羹 debut!

柴又帝釈天門前『い志い』に嫁いだ姉が、10数年前に倉田屋と同じ製法の芋羊羹を「たっぷりのバター」で焼きました。こんがりきつね色になるまで焼き上げ、バターの芳ばしい香りが漂ってくるとスイートポテトを超えた新感覚のスイーツに変身します。これが、柴又「い志い」直伝の焼き芋羊羹です。つぶつぶとした食感、お芋本来の風味を残しながら作られた評判の「倉田屋の芋ようかん」にバターの芳ばしい香りと味が加わりました。是非ともご賞味下さいますようお願い申し上げます。

昭和の初めより、父が作り上げてきた『倉田屋』の芋羊羹は、生の芋(紅アヅマ)を蒸籠で蒸かしたあと、適度につぶしてお芋のつぶつぶが残る程度に練り上げて、型に入れて冷ますと出来上がります。ほどよく蒸されたお芋のデンプンは、熱変性によりのり状(糊化)に変わります。十分に蒸籠で蒸されたデンプンは、ホクホクとした食感を残しながらもお芋をデンプンの分子レベルでの結合により、つなぎを入れなくてもしっかりと結びつき、砂糖と塩で味を調えると美味しい『芋羊羹』になります。しっかり糊化が行われたお芋だからこそ、蒸かしたお芋のつぶつぶした食感を保ちながら、芋本来の風味を残した昔懐かしい『芋羊羹』が出来上がります。これが、倉田屋の『芋羊羹』の持ち味です。
自然の味を大切にするため時期にこだわって、乾燥させた食材は使わず、生のお芋が美味しい『秋から春』にかけて製造しております。自然の味にこだわり、材料を吟味して、着色料・保存料など一切の添加物を入れずに製造しておりますので、是非ご賞味下さいますようお願い申し上げます。

倉田屋店主